2016-09-18

どうぶつ愛護週間です。



どうぶつ愛護管理法では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、9月20日から26日を動物愛護週間と定めています。
どうぶつ愛護週間には、国、地方自治体、関係団体が協力して、動物の愛護と管理に関する普及啓発のための各種行事を実施しています。
どうぶつ基金では「いのちつないだワンニャン写真コンテスト」「啓発ポスターコンテスト」などを通じてどうぶつの愛護と管理に関する普及啓発を行っています。

そもそも、私たちの活動は日々が動物愛護週間のようなものです。こういった仕活動をしていると、例えば「さくらねこ」「TNR」という言葉は日常的に使うわけです。でも世間の認知度は、おそらく数パーセント以下?だと思います。
また、日本の猫の殺処分数が8万頭で、そのうち6割以上が生まれて間もない子猫だということも、ほとんどの人は知らないでしょう。

「殺処分されるために生まれた命」

そんな悲しい出来事が起こらないようにするには、野良猫を捕まえて、不妊手術とさくら耳カットをして、元いた場所に戻す「さくらねこTNR」が最も有効だということも、知らない人が多いでしょう。

殺処分ゼロを実現するにはもっと多くの人に知ってもらわなければなりません。
この週は、あなたの隣にいるしっぽのある家族をギュッと抱きしめて、どうぶつとヒトが幸せに共生する社会の実現のために自分に何ができるかを考えてみませんか。
どうぶつ基金では,10000頭のさくらねこ無料不妊手術を実施します。 
あなたの温かいご寄付はあと1頭の命を救います。 
http://www.doubutukikin.or.jp/contribution/ 

さくらねこShopオープン 
どうぶつ基金公式さくらねこShopの商品が充実してきました。 
さくらねこTシャツや、さくらねこファイル、ポストカードなど、 寄付つきグッズが豊富にそろっています。
さくらねこShop オンラインストア ←クリックでShopに移動します。
寄付つきカレンダー2017絶賛発売中!!

さくらねこShop Amazonストア   ←クリックでShopに移動します。

2016-09-18

動物愛護週間

9月20日から26日は動物愛護週間です。

動物愛護管理法では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、9月20日から26日を動物愛護週間と定めています。

「ひろく国民の間に命あるものである動物の愛護と適正な飼養についての関心と理解を深めるようにするため、動物愛護週間を設ける。」 (動物愛護管理法 第4条 )
平成28年度動物愛護週間ポスターのデザイン 絵画コンクール受賞作品
○最優秀作品(環境大臣賞)平成28年度動物愛護週間ポスターに使用
H28環境省ポスターコンテスト

高吉 逞花 さん (鹿児島県在住)

◆受賞者のコメント
家で飼っている犬のももちゃんは、じょうと会でひきとった犬で、私たちの大切な家族です。家族のいない、犬やねこちゃんが大切にさいごまで飼ってくれる家族を見つけられるといいなと思いながら描きました。
2016-07-08

【チャリティー企画】しじみちゃん缶バッチ

大阪府大阪市北区中崎にある「ピピネラキッチン」で、どうぶつ基金へのチャリティー缶バッチを販売してくださっています!

お店外観

ピピネラキッチンには、保護猫出身の「しじみちゃん」が店長をしています。
しじみちゃんは「さくらねこ」でもあります。

しじみちゃん

そして、お客さんが善意で作ってくださったしじみちゃんフォトカードと、ピピネラキッチン店主さんが作成されたチャリティー缶バッチをセットで300円で販売し、製作費を差し引いた金額(1つあたり200円)がどうぶつ基金への寄付になります。

チャリティセットt02200220_0800080013592009922.jpg


先日、100個分の売り上げから、2万円寄付してくださいました。
ありがとうございます!

振込票1

しじみちゃんに会いたい方は、お店に足を運んでみてください。
しじみちゃんチャリティーバッチができるまでは、下記をご覧ください。

『アカくんからの贈り物』
『しじみちゃんチャリティバッジ案』
『しじみちゃんチャリティバッジ出来ました♫』

ピピネラキッチンHP

どうぶつ基金では,10000頭のさくらねこ無料不妊手術を実施します。 
あなたの温かいご寄付はあと1頭の命を救います。 
http://www.doubutukikin.or.jp/contribution/ 

さくらねこShopオープン 
どうぶつ基金公式さくらねこShopの商品が充実してきました。 
さくらねこTシャツや、さくらねこファイル、ポストカードなど、 寄付つきグッズが豊富にそろっています。
さくらねこShop オンラインストア ←クリックでShopに移動します。

さくらねこShop Amazonストア   ←クリックでShopに移動します。

2016-06-17

【電子書籍チャリティー企画】 ぼくは茶豆。カレー屋の犬。

「ぼくは茶豆。カレー屋の犬。」 をご購入いただくと、1冊につき100円がどうぶつ基金へ寄付されます。
表紙

「ぼくは茶豆。カレー屋の犬。」とは?

カレー屋の看板犬”茶豆”から見たこの世界のお話。
こどももおとなも楽しめる軽快だけど深いかもしれない20編の超短編集です。
挿絵もかわいい小さな小さな世界をぜひのぞいてみてください。
今日も茶豆はお店の奥で大好きなおきゃくさんが来るのを待ってます。

※こちら書籍は、紙の書物ではなく、手軽に読んでいただきやすいように電子書籍にしておりますので、kindleをお持ちの方はもちろん、スマホなどでも無料kindleアプリをダウンロードしていただくだけでお手軽にすぐに読むことができます。

chamame04.jpg chamame03.jpg 
コスギカレーの看板犬”茶豆”。           店番をする”茶豆”。

本の中から、お話をひとつ紹介します。

宝物
テレビで女の人が、キラキラした宝石をいっぱい抱きしめて
「これは私の宝物なのー!」って言った。
宝物は大事で大好きなもののこと。
ずっと離さずもっているもの。

ぼくの宝物はなんだろう。
ママがくれるおやつも、パパがくれるおもちゃも大事だけれど、
眠るときはどっかやっちゃうし、
おやつもずっと食べてたら飽きてしまう。

旅行のお土産をパパとママにいつも買ってきてくれるお客さんがいて
ママが「いつもそんなにいただけません、私達は何もさしあげられないのに」って
言ったら、そのお客さんは「毎回来る度にお土産をもらっているようなものです。
おいしいご飯と楽しいこの時間が私の宝物です。」って言ったんだ。
そしたら、お部屋に戻ってきたママが嬉しくて泣いていた。
キラキラあったかい色をした涙。
そしてぼくは思った。宝物はきっと持って歩くものじゃない。

ぼくの宝物は、いっぱいなでてもらった今日という一日だ。
ぼくが床でスルッとすべったのを見てママが笑った昨日だ。
パパがお風呂に入れてくれて、二人で乾かしてくれて、
ふわふわだねーっていっぱい触ってもらえる明日だ。

ぼくは宝物をいっぱいもっている。
おやつみたいに手にはもてないけど、
心があったかくなるいっぱいの宝物。
いっぱいの毎日。
そう考えると嬉しくて、ぼくのしっぽは
いつのまにかちぎれそうになるくらいぐるんぐるんと動いてたよ。

茶豆3

もっと、読んでみたい!と思ったかたは、下記からご購入いただけます。
素敵な作品が沢山つまった一冊です。

ぼくは茶豆。カレー屋の犬。 ←クリックすると、SHOPへ移動します。
※こちら書籍は、紙の書物ではなく、手軽に読んでいただきやすいように電子書籍にしておりますので、kindleをお持ちの方はもちろん、スマホなどでも無料kindleアプリをダウンロードしていただくだけでお手軽にすぐに読むことができます。

茶豆4chamame02.jpg
よろしくお願いします!
写真・イラスト提供:奥村佑子・桑原奈見

リアル茶豆に会いたい方は、コスギカレー(神奈川県川崎市武蔵小杉)へ!

どうぶつ基金では、10,000匹のさくらねこ無料不妊手術を実施します。 
あなたの温かいご寄付はあと1頭の命を救います。 


2016-06-14

2015年度活動報告書

2015年度活動報告書が完成しました。

利他の心で

救いの手を差し伸べる 

皆様へ、

どうぶつ基金の活動に日頃よりご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

27年度は多頭飼育崩壊が相次ぎました。大阪では生活保護を受ける老人が小さなアパートで不妊手術をせずに猫を56匹まで増やしてしまい生活が崩壊、自分ではどうすることもできずに悲鳴を上げました。行政はお手上げ状態で無視を続けました。そこで、どうぶつ基金では緊急に一斉無料不妊手術を行うことになりました。手術は一般家庭の台所をお借りして行いました。エプロン姿で執刀するIさんは獣医ですが、普段は専業主婦として暮らしています。でもいざというときには飛んできて無償で手術を行ってくれるのです。私たちの活動はこのような市井の皆様との協働で成り立っています。

 

現代社会の片隅にある地獄のような惨状を目にしたとき、自らの事を差し置いて救いの手を差し伸べるのは、名もなき個人の皆様の温かい気持ちです。そして差し伸べられた救いの手は、どうぶつだけではなく、自分では対処できない状態になって悲鳴を上げる人たちも救い出しています。

 

私たちはこれからも利他の心を行動規範として殺処分ゼロ実現に向け、だれもが嫌がるところに率先して行き、実践活動を続けたいと思います。

共に歩んで下さる行政の皆様、ボランティアや獣医の皆様、ご支援をいただく皆様に大きな感謝の気持ちを込めて私たちの活動をご報告します。

 

今後ともどうぶつ基金へのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

公益財団法人どうぶつ基金

理事長 佐上邦久 

 


活動報告書2015

           写真をクリック

どうぶつ基金では,10000頭のさくらねこ無料不妊手術を実施します。 
あなたの温かいご寄付はあと1頭の命を救います。 
http://www.doubutukikin.or.jp/contribution/ 

さくらねこShopオープン 
どうぶつ基金公式さくらねこShopの商品が充実してきました。 
さくらねこTシャツや、さくらねこファイル、ポストカードなど、 寄付つきグッズが豊富にそろっています。
さくらねこShop オンラインストア ←クリックでShopに移動します。
さくらねこShop Amazonストア   ←クリックでShopに移動します。



リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示