2010-07-18

狂犬病ワクチン 緊急注意勧告 副作用の半数が死亡しています。

狂犬病ワクチン 緊急注意勧告 
22年4月12日から22年6月24日の間に農水省に報告された狂犬病ワクチンの副作用報告は24あり、悲しいことに実に半数の12頭は死亡しています。
狂犬病予防接種は法により義務付けられてはいますが、例外として副作用を伴う疑いがある場合は接種しなくてもいい制度があります。飼い主さんはワクチンが死を伴うリスクがあることを理解して、獣医師による十分な診断のうえで摂取を受けましょう。

狂犬病予防接種は法により義務付けられていますが、例外として年齢、健康状態、過去の副作用歴などから副作用を伴う疑いがある場合接種しなくてもいい制度があります。10年間予防接種を続けて何もなかったのに、10年目の予防注射により副作用で死亡という報告もあります。飼い主さんは狂犬病ワクチンには死を伴う副作用リスクがあることを理解して、獣医師による十分な診断のうえ注射を受けてください。

狂犬病予防法に関するどうぶつ基金の見解

狂犬病
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示