2016-06-14

2015年度活動報告書

2015年度活動報告書が完成しました。

利他の心で

救いの手を差し伸べる 

皆様へ、

どうぶつ基金の活動に日頃よりご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

27年度は多頭飼育崩壊が相次ぎました。大阪では生活保護を受ける老人が小さなアパートで不妊手術をせずに猫を56匹まで増やしてしまい生活が崩壊、自分ではどうすることもできずに悲鳴を上げました。行政はお手上げ状態で無視を続けました。そこで、どうぶつ基金では緊急に一斉無料不妊手術を行うことになりました。手術は一般家庭の台所をお借りして行いました。エプロン姿で執刀するIさんは獣医ですが、普段は専業主婦として暮らしています。でもいざというときには飛んできて無償で手術を行ってくれるのです。私たちの活動はこのような市井の皆様との協働で成り立っています。

 

現代社会の片隅にある地獄のような惨状を目にしたとき、自らの事を差し置いて救いの手を差し伸べるのは、名もなき個人の皆様の温かい気持ちです。そして差し伸べられた救いの手は、どうぶつだけではなく、自分では対処できない状態になって悲鳴を上げる人たちも救い出しています。

 

私たちはこれからも利他の心を行動規範として殺処分ゼロ実現に向け、だれもが嫌がるところに率先して行き、実践活動を続けたいと思います。

共に歩んで下さる行政の皆様、ボランティアや獣医の皆様、ご支援をいただく皆様に大きな感謝の気持ちを込めて私たちの活動をご報告します。

 

今後ともどうぶつ基金へのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

公益財団法人どうぶつ基金

理事長 佐上邦久 

 


活動報告書2015

           写真をクリック

どうぶつ基金では,10000頭のさくらねこ無料不妊手術を実施します。 
あなたの温かいご寄付はあと1頭の命を救います。 
http://www.doubutukikin.or.jp/contribution/ 

さくらねこShopオープン 
どうぶつ基金公式さくらねこShopの商品が充実してきました。 
さくらねこTシャツや、さくらねこファイル、ポストカードなど、 寄付つきグッズが豊富にそろっています。
さくらねこShop オンラインストア ←クリックでShopに移動します。
さくらねこShop Amazonストア   ←クリックでShopに移動します。



関連記事
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示