2014-04-25

いながき動物病院・協力病院に参加

埼玉県に、いながき動物病院がどうぶつ基金さくらねこ無料不妊手術事業の協力病院に参加していただけることになりました。


いながき動物病院
不妊手術日 金曜日と土曜日の週に2日のみ手術を行います。

手術を希望の方は前日までに予約のお電話を下さい(080-7715-7321)。
出ない場合は留守電へお名前とお電話番号を残してください。詳しい住所と価格をお伝えします。

いながき動物病院はどんなことをしていますか?
飼い主のいない猫に不妊手術を低価格で行い、仔猫が生まれることを防ぎます。

それによってどんなことが起こりますか?

日本では毎年10万匹以上の猫が殺処分されています。そしてその8割が毎年のように生まれてしまう仔猫です。飼い主のいない猫の不妊手術を徹底することによって殺処分を減らせると考えています。
また不妊手術された猫は発情期の鳴き声やマーキング、オス同士のケンカが軽減されます。性格がおとなしくなる猫もいます。
飼い主のいない猫の生活環境はどうなっていますか?
飼い主のいない猫には常に危険が伴います。天候の変化、ケンカによるウイルス感染、交通事故、飢えなどがあり外の環境はいいことばかりではありません。
室内飼育の猫の寿命は15歳まで伸びてきていますが、飼い主のいない猫は悪条件のため寿命は5歳程度と言われています。
また猫は繁殖力が高く、1年で2~3回妊娠し1回に5匹程度出産します。つまりたった1匹のメスが1年後には20匹以上に増えてしまいます。

耳カットってなんですか?
不妊手術をした飼い主のいない猫はその印に耳カットを行います。手術済みの猫が再び捕まって麻酔をかけられてはかわいそうなので絶対に必要です。麻酔中に耳の先だけ切るので痛くありません。
耳カットをされている猫は妊娠しません。耳カットのある猫が増えれば出産を減らすことができます。

TNRってなんですか?

Trap(猫を捕まえる)、Nuter(不妊手術)、Return(猫を元の場所へ戻す)の頭文字です。病院とボランティアさんが連携してTNRを行います。

どんな手術法ですか?

オスは精巣摘出術です。メスは卵巣摘出術を主に行いますが、子宮の異常や妊娠が認められた場合は卵巣子宮摘出術を行います。
その他必要があれば怪我の処置や臍ヘルニア整復術、眼球摘出術、断脚術、断尾術などの一般外科を行うことができます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示