2013-12-10

姫路城一斉TNR

全国で野良猫の無料不妊手術を行い殺処分ゼロに取り組む「公益財団法人どうぶつ基金」(本部:兵庫県芦屋市、理事長=佐上邦久)の「さくらねこ無料不妊手術事業」では、12月13、14日に兵庫県姫路市の世界遺産 国宝姫路城でお城に生息する約100匹の猫の大規模一斉TNRを行います。

1988年から、殺処分ゼロ実現のために動物愛護活動を行う「公益財団法人どうぶつ基金」では、
全国で毎年数千匹規模の野良猫の不妊手術を無料で行っています。

世界遺産 国宝姫路城には猫をこよなく愛した千姫の昔から猫が生息していましたが、最近では城内で繁殖を繰り返し、約100匹にまで増えています。この問題が8月ごろにテレビのニュース番組で大きく取り上げられ、どうぶつ基金と姫路市には様々な意見が寄せられました。
世界遺産で国宝の姫路城では動物愛護に基づいた適正な管理を求める外国の観光客や、糞尿などの問題で苦情を言う人もいます。苦情を言う人とエサを与えている人との間に確執も生まれています。
管理者である姫路市は対応に苦慮していました。

どうぶつ基金は姫路城管理事務所からの協働申請を受け、移動診療車を現地に派遣して約100匹の猫の一斉捕獲、不妊手術とさくら耳カットを行った後に現地に再びリリースするという一斉TNRを行います。猫たちはこれ以上子猫を産むことなく一代限りの「姫路城のさくらねこ」になり姫路城は「世界一猫に優しいお城」になります。その後は地元ボランティアや姫路市動物管理センターと協働して譲渡会や適正な管理を行いながら猫の減少を図ります。

公益財団法人どうぶつ基金
さくらねこ無料不妊手術事業


姫路城12月9日 038

姫路城12月9日 028

姫路城12月9日 036

熱海市協働事業2013年 021
どうぶつ基金「さくらねこ無料不妊手術事業」一般枠は受付終了していますが、行政枠は受け付けています。地元行政、地元ボラさん、どうぶつ基金で協働TNRをお考え頂ければ幸いです。
http://www.doubutukikin.or.jp/

私たちは、保健所など、行政による犬や猫の殺処分ゼロを目指し、不幸な命を減らすため、毎年数千匹の不妊手術を無料で行っています。
しかし、殺処分ゼロを一日も早く実現するには、まだまだ力不足です。...
殺処分ゼロを実現するため、あなたにもできることがあります。

下記HPをご参照のうえ、あなたに合った方法で、私たちの活動を支援してください。
http://www.doubutukikin.or.jp/business
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示