2013-11-13

熱海市・飼い主不明猫への試み

どうぶつ基金と熱海市は協働で熱海市内の猫TNRをさせていただきました。

熱海市はこれまでも積極的にTNRをされており、特に初島の飼い主不明猫に関しては島民やボランティアの皆様と素晴らしい協働をされ結果を残されています。

現在は、この春も出産がなく猫の数が減少に向かっているそうです。

このモデルケースを元に、市内の飼い主不明猫たちも、不妊手術を実施しさくらねことなった猫たちと共存共生を目指しておられます。

全国の行政でも熱海市のような協働は増えてきました。

殺処分ゼロ達成のために行政と市民協働は不可欠です。

初島の猫について

◎TNRの状況(熱海市ホームページから抜粋)

(単位:頭)

年度 \ 種別

TNR実施
リリース済み

手術のため保護中※

平成21年度

7

0

7

平成22年度

8

0

8

平成23年度
(H23.11.15
現在)

8

14


22
(
継続中)

  ※手術後のリリース待ちや、今後の手術待ちのため、市内在住のボランティアさんにお預かりいただいております。

  
8月3日その1 10月27日その3
初島の猫たちの餌場 管理され清潔にされています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示