さくらねこ無料不妊手術を行う移動診療車がデビュー

0 0

移動診療車

診療車 133 

 

さくらねこ無料不妊手術を行う移動診療車です。

どうぶつ基金の無料不妊手術チケットは全国25件の協力病院で使用できますが、日本列島はとても広く全国津々浦々まで対応が出来ませんでした。そこで地方行政と協力して出張手術を行ってきましたが、手術の場所探しに苦慮していました。

移動診療車は近くに病院や一斉手術の会場となる施設のない地域に赴いて一斉TNRや診療を行います。

どうぶつ基金は殺処分ゼロにまた一歩近づきました。

 

どうぶつ基金と出張手術車

診療車

雑誌フライデー 1993108日号記事

 

日本で初めて移動診療車によるTNR不妊手術は今から20年前1993年大阪で始まりました。

執刀医はどうぶつ基金前会長で現顧問の山口武雄獣医師、ボランティアスタッフは若干33歳の佐上理事長や当時の理事でした。(注:財団の活動は当時神奈川県だけで許可されていましたので事業は他団体が主催していました)当時の手術車はトラックの荷台に手作りの手術台を置いただけの簡易なものでしたが、山口獣医とスタッフは勢力的に全国キャンペーンを繰り広げ数千匹もの不妊手術を行いました。

今回新造された移動診療車は、長年蓄積した経験をもとに、獣医がストレスなく手術が出来ること、ボランティアさんが安心して動物たちを託すことが出来ることに重点を置いてデザインされました。

 

出張手術に関するお問い合わせはフォームからお願いいたします。

 

診療車 063 


診療車 


診療車 112 


診療車 140


ご寄付のお願い

http://www.doubutukikin.or.jp/business

公益財団法人どうぶつ基金の運営は、基本財産の運用収入と皆様の寄付金で行われています。どうぶつ基金では皆様からお預かりした浄財を、1頭でも多くの動物たちを救うために使わねばならないと考えています。具体的には、動物の不妊手術費用と、写真展などの動物愛護精神の普及啓発に使われています。

ご寄付のご相談、ご寄付のお申し出、ご寄付をお振り込みいただいた方につきましては、

誠にお手数ですがご寄付専用フォームよりご連絡いただければ幸いです。

https://business.form-mailer.jp/fms/2726f2f81658

 クレジットカード

公益財団法人日本財団が提供する決済サービス『CANPANメンバーズ』をご利用ください。

使用可能カード  VISA Master Card

http://mp.canpan.info/doubutukikin/

  • 決済サービスのご利用が当団体に通知されますので連絡フォームは必要ありません。通知を受け取り次第、当団体からお礼のご連絡をいたします。
  • クレジットカードの仕組み上、実際の入金確認や領収書の送付までには時間差が生じますのでご了承下さい。

ご寄付の振り込み先

三井住友銀行 芦屋駅前支店 (店番号380)  普通 4172198  公益財団法人どうぶつ基金 (コウエキザイダンホウジンドウブツキキン)

郵便為替  00230-872832  公益財団法人どうぶつ基金 (コウエキザイダンホウジンドウブツキキン)

  • ご寄付後に「連絡フォーム」よりご連絡いただければ、追ってお礼と入金確認のお知らせをいたします。
  • 領収書をご希望の場合も連絡フォームをお使い下さい。

https://business.form-mailer.jp/fms/2726f2f81658

 寄付金の税制上御優遇控除

公益財団法人どうぶつ基金へのご寄付は、以下のような寄付金控除を受けることができます。1.寄付者が個人の場合寄付金から2000円を差し引いた金額が寄付者の年間所得から控除されます。限度額は年間所得の40%です。この優遇を受ける場合、毎年2月から3月に確定申告をしていただく必要があります。当公益財団が発行する領収証を税務署に提出してください。サラリーマン等であれば源泉徴収票も添付してください。 2.寄付者が法人の場合公益財団法人どうぶつ基金に対するご寄付は、その寄付金の合計金額と寄付金の損金算入限度額のいずれか少ない金額が損金に算入されます。計算方法、損金算入限度額、および必要な手続き等についてはお近くの税務署、税理士にご確認ください。3.相続税についての優遇措置相続により取得した財産の一部または全部をご寄付された場合、ご寄付された財産について相続税は課税されません

 

関連記事
ページトップ