2012-12-05

南の島の猫アイランド事業のその後

どうぶつ基金と石垣市が協働して行った「南の島の猫アイランド協働事業」のご報告と、これからの事業提案書を石垣市長にお持ちしました。

ストップ・ザ・ロードキルプロジェクト事務局の辻先生もご同席していただきました。
ロードキル(交通事故死)の悲劇は増える一方です。
石垣島で平成24年1月から10月間16日までに575匹の生き物が交通事故で死んでいます。内、仔猫21匹。成猫18匹です。車に
轢かれて死んだ動物を食べに来た動物がまた車に轢かれて死んでしまう2次被害防止のために、毎夜パトロールして死体を回収されています。

猫の交通事故は発情期に多く、不妊手術を施すことで事故の減少が期待できます。

「南の島の猫アイランド事業」

総捕獲数:182匹

総手術数:169匹(オス78匹、メス91匹、うち妊娠猫1匹)
避妊去勢済み:2匹(1匹は耳先カット済みでした)

手術できなかった幼猫:11匹

耳先カット:170匹

手術169匹+避妊去勢済み2匹+幼猫11匹=捕獲数182匹

石垣市行政の役割

  • 手術会場、猫の一時保管場所の提供
  • 猫の運搬協力
  • 捕獲機購入
  • 不妊手術以外の処置費用
協力団体:八重山獣医師会・沖縄県八重山保健所・環境省石垣自然保護官事務所・
       
しっぽの会

参加ボランティア:20~25人/一日

市民ボランティアの役割
  • 猫の捕獲
  • 猫の移送
  • 猫の管理
  • 撮影
  • 手術補助
  • 清掃
石垣市12月.2012 207 
左 辻維周先生               中 中川市長           右 佐上理事長

石垣市12月.2012 205
真剣に話を聞いてくださって、ありがとうございました。


石垣市12月.2012 072
みみ先カットされた「さくらねこ」達に囲まれて、幸せ一杯の理事長。


石垣市12月.2012 241
夕方、のんびりくつろぎタイムです。

石垣市12月.2012 299
チュッ

石垣市12月.2012 400
新設された猫トイレ。
職員さんがきれいに掃除されていました。ここの猫たちは本当に幸せですね。

石垣市12月.2012 408  きれいになったトイレに、早速お客様が来られました(笑)

この事業は、公益財団法人どうぶつ基金が主催し日本郵便の年賀寄付金の助成を受けた「どうぶつ基金24年度みみ先カット猫無料不妊手術事業」の一環として石垣市長と協働で行われました。全ての桜ねこのみみ先カットと不妊去勢手術は、どうぶつ基金が全額を負担しました。

どうぶつ基金では全国の協力獣医さんと、みみ先カット猫無料不妊手術(約2300頭)を利用したTNR活動を行うことが出来る協働ボランティアさんを募集しています。
詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.doubutukikin.or.jp/tnr/campaign/
※この事業は平成24年度 日本郵便の年賀寄付金の助成を受けています。寄付金付き年賀はがき、切手を購入していただいた皆さま、公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様、郵便事業会社様に心より感謝申し上げます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示