2012-10-16

一面トップ記事になりました。みみ先カット猫無料不妊手術 石垣島

只今、石垣市長のみみ先カット猫無料不妊手術事業協働ボランティア参加申し込みで始まった南の島猫アイランド事業、活動中です。
こちらでは、新聞の一面でこの事業が紹介されるなどして、市民から大変注目されています。

八重山日報
初日は約70匹捕獲 南の島猫アイランド事業始まる

八重山毎日新聞
「もう捨てないで!」猫の不妊手術事業スタート

環境省、沖縄県、石垣市、八重山獣医師会、石垣島しっぽの会、NPO法人ゴールゼロ、募集により集まってくれた石垣市民ボランティアの皆様、公益財団法人どうぶつ基金の協働事業です。

国、県、市、地元獣医師会、NPO、市民が猫の殺処分ゼロ実現のために力を合わせて協働しています。
これは間違いなく日本で初めての試みです。これだけ多くの行政と市民が協働するのですから、誤解や連絡の行き違い、思い違いも生まれます。

初めての試みですから当然様々な問題に直面し、そのたびに立ち止まるのではなく走りながら考えて解決しています。
14日にはおしりから釣り糸が出ている猫が見つかりました。糸を引っ張ると鉛のおもりが出てきます。釣針が大腸に引っ掛かっていると想定できますが、レントゲンなど当然ない手術会場では針の位置や大きさが判りません。
そんな時、激励に来てくれた八重山獣医師会の会長が協力を申し出てくれて会員の病院でレントゲン撮影をしていただくことができました。結果、骨盤のあたりに3cm大の大きな釣針が発見されました。麻酔の重複を避けるために除去手術は16日に会場でどうぶつ基金の獣医が行います。
八重山獣医師会会長をはじめとする会員の皆様の寛大な協働姿勢に心から感謝申し上げます。
みみ先カット猫無料不妊手術事業の中でも特に出張手術は、地元獣医師会と行政のバックアップと補完がなくてはならない事業です。新参猫のTNRも地域の皆様が行いメンテナンスをすることによって成功するという事業でもあります。
今後とも協働をよろしくお願いいたします。
TNR.png




 耳先カット右耳カット


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示