2012-06-14

耳先カット猫・無料不妊手術Q&A

耳先カット猫・無料不妊手術

悩む猫


よくある質問と答え 

 

1、近くに指定病院がないのですが・・・

A  現在 16件の協力獣医があり、毎年増え続けていますが、全国津々浦々まではなかなか行き届きませんのでこれからも協力獣医を増やす努力を続けていきます。

 

本年度から新しく協力獣医になっていただいた獣医さんは、猫ボランティアさん自身が普段から世話になっている獣医さんに行って説明し、協力獣医さんになっていただいた例が多くみられます。地域の獣医さんに協力獣医として「みみ先カット猫無料不妊手術事業」に参加するよう説明していただければ幸いです。ご紹介いただければ獣医さん宛てに協力獣医参加に関する詳細をメールいたします。

 

2, 協力獣医が近くにいません。出張手術に来ていただきたいのですが、どうすればいいでしょうか?

A,   50頭~100頭の手術対象猫を12日で集めることが出来る地域のボランティアさんと協働して出張手術を実施しています。協力獣医が現地に赴き12日かけて手術を行います。この場合、どうぶつ基金が手術費用を負担します。ただし、それ以外に係る費用や負担、例えば協力獣医さんの交通費、現地宿泊費、現地での食費は受け入れる現地側の負担になります。そのほか会場の設営や準備、行政への届け出(必要な場合)、現地での運営、受付や手術助手ボランティアなども現地側の負担になります。また同一場所で継続的に診療行為を行う場合は、行政への診療所の開所届け等が必要になる場合もあります。

 

出張手術については、すでに3回の出張手術を行っている下記「おおさか公園ねこの会」の報告をご参照ください。費用等も詳しく報告されていてとても参考になります。

 

23年度みみ先カット猫無料不妊手術事業を利用した例

http://www.nyan5656.com/活動内容/第二回不妊手術支援事業の報告/

 

どうぶつ基金が協力して、おおさか公園ねこの会の独自予算で出張不妊手術を行った例

http://www.nyan5656.com/活動内容/第三回不妊手術支援事業の報告/

http://www.nyan5656.com/活動内容/第一回不妊手術支援事業の報告/

 

3, 「協働ボランティアへの申請が5頭以上になっています。家の近くに2頭の野良猫がいて2頭だけ無料手術でTNRをしたいのですが」「チケットの有効期限が短すぎて5頭もTNRが出来ない」

 

A, 残念ながら本事業の協働ボランティアの対象にはなりません。地域の仲間やボランティア団体と協働してグループを作り5頭以上にして申し込む方法もあります。

本事業では、多頭の未手術の飼い主不明ねこを抱えた方が協働ボランティアの対象になっています。現時点では5頭以上の対象猫がいて、12か月のチケット有効期限内にTNRを行うことが出来る方が協働ボランティアになれます。またチケットの有効期限内に申請頭数を消化した方には、追加申請を受け付けています。

●長期にわたり多頭のTNRを行う予定のある方は下記より別途ご相談ください。

https://business.form-mailer.jp/fms/bfa107a14087

 

4, 譲渡対象の猫なのでみみ先カットをしたくないのですが・・・。

A, どうぶつ基金では「みみ先カットは愛され猫のしるし」という方針で、地域猫、飼い主不明ねこ、野良猫、飼い猫、譲渡対象猫すべてにみみ先カットと不妊手術を奨励しています。飼い主のいる猫でも失踪時にみみ先カットをしていたため、管理者がいると判断され行政での殺処分を免れた例もあります。

本事業にかかわらず、不妊手術を行う際には必ずみみ先カットを同時に行うようお奨めします。

 

ご参照:みみ先カット猫のお話

http://www.doubutukikin.or.jp/tnr/nokill/

 

, どうして5月スタートなんですか?チケットを待っていたら、もう出産は終わっていますよ。発情期、出産期に合わせてスタートしてもらえませんか。

 

A、  適切なTNRの時期について、どうぶつ基金では「できる限り早く」という見解を示しています。出産期が終わったとよくボランティアの方が言われる5月に行われたメス猫の不妊手術の内、約18%が妊娠中でした。もし秋の出産時期までこの猫たちの手術を待っていたら、約200頭の「殺処分されるためだけに生まれた子猫」が出来ていました。妊娠中の不妊手術は、妊娠していない猫の不妊手術と比較して多くのリスクを伴います。猫の妊娠を待って手術キャンペーンを行うという事はこういった点からも合理的ではありません。

 

6, 協働ボランティア参加の申請をしました。無料チケットはいつごろ送ってもらえますか。妊娠中の猫がいて緊急なんです。急いで下さい。

 

A,  協働ボランティアの参加につきましては審査があります。審査の結果、事業に参加できない場合があります。また無料チケットの数には限りがあります。申請すればだれでも必ず無料不妊手術チケットを入手できるわけではないことをご理解ください。

また、協力獣医さんの手術受け入れ数には限度があり、希望する日に手術の予約が取れない場合もあります。

特に緊急を要する場合などは、決してチケットを待たずに、ご自身でTNRを行っていただけましたら幸いです。

 

7、無料不妊手術はいいのですが、多くの手術ができるとなるとワクチン代やノミ取りスポット代、疾病や怪我の治療費用もかさんできます。これも出してください。お金がありません。

A,  いろいろと出費が重なり大変なことご察し申し上げます。

本事業は1頭でも多くのみみ先カット猫無料不妊手術を行うことにより、一日も早く日本の行政による殺処分をゼロにすることです。本年は限られた予算(700万円)の中で約2300頭の手術を予定しています。手術費用以外の諸費用につきましては協働ボランティアさんのご負担になることをご理解の上お申し込みください。

 

8.助成金制度はいつ行われるのですか?待っています。

A.    本年度の助成金事業につきましては、事業開催の有無を含め未定です。けっして待たずに、ご自身でTNRを行っていただけましたら幸いです。

 

9. 病院への猫の搬送を行う車がありません。どうぶつ基金の車を出して無料で送迎をしてください。

A.    どうぶつ基金では自動車を所持していません。猫の送迎も行っていません。 協力獣医さんの中で大阪の「いち犬猫病院」では有料(廉価)で送迎を行っています。

http://ichiinuneko.net/sougei.html

 

また猫の輸送に関しては「ペットタクシー」などで検索すればいくつも業者が出てきますのでご参考にしてください。

その他、上記の回答でわからないご質問は下記フォームよりお問い合わせください。

https://business.form-mailer.jp/fms/bfa107a14087

 
指定病院のご紹介はこちらから

みみ先カット猫無料不妊手術・受付状況

みみ先カット猫無料不妊手術事業


協力獣医さん、随時募集中♥

この事業は平成24年度  日本郵便の年賀寄付金の助成(500万円)を受けています。寄付金付き年賀はがき、切手を購入していただいた皆さま、郵便事業会社様に心より感謝申し上げます。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

3月から4月だと

私がその時期にしたTNRは妊娠猫は80%いました。それを阻止していたら数的には減りますよね。5月以降だと約5倍に増えていてイタチごっこです。蚤薬代も出せないと言われる協働ボラさんにはシンドイ事でしょう?

No title

こんばんは~
いつもお世話になっています。

今年の写真展の告知を今日の記事にさせていただきました。

遅くなってすみません。(>_<)

それから指定病院のほうも頑張って当たっています。
当たって砕けろで頑張っています

No title

手術代がなくなるだけでも本当にありがたいと思います。
ノミトリについては、ボトルで5000円位のがあるので、
それをかっておくと、5匹以上使えます。その位は
地元の寄付などで集めましょうよ。

ところで、こちらも協力病院が多いのですが、
なんといって説明したら良いでしょうか?

一件言ってみようと思いますが、詳しく教えて下さいませんか?
また個人ボラが格地区でいて同じ病院を使っていますが、
団体でないと使えないでしょうか?個人で団体を作って
申し込みしないとだめですか?
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示