2011-01-14

生きているペットを処分するのは安楽死じゃない!愛犬を看取った飼い主の悲痛な叫び

生きているペットを処分するのは安楽死じゃない!愛犬を看取った飼い主の悲痛な叫び
PetPress,jpから抜粋

[与えられる家庭がないからという理由で毎年何百万ものペットが安楽死という名前で処分されているのは心が痛む。
しかも、まるで“処分”することがペットのためで、あたかも贈り物か慈悲深い行為であるかの風潮は動物に対する冒涜だと考える。]



どうぶつ基金では、数減らしのための殺処分を安楽死と表現することに反対しています。

殺さないような社会にすることが重要で、殺し方で満足してはぜったいダメです。

殺さない社会にするためにも、もっともっと、私たちが頑張らねばならないですね。

応援してください。


関連記事
いのちつないだにゃんこ「あたちだって生きてぅの!」

生きるということ

画像 061 
ジェーン15才の時



一人でも多くの人に知ってもらいたいから、ポチッとよろしくお願いします

bana-



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示