2010-08-11

奈良・吉野町で路上に小型犬21匹捨て去り 愛護法違反で捜査

奈良・吉野町で路上に小型犬21匹捨て去り 愛護法違反で捜査
2010.8.11 20:34
 11日午前10時ごろ、奈良県吉野町千股の県道で「犬20匹くらいが捨てられている」と通行人から吉野町役場に連絡があった。県警吉野署員も現場に駆けつけたところ、路上にミニチュアダックスフントやチワワ、パピヨンなど小型の成犬21匹(オス2匹、メス19匹)が首輪のない状態で捨てられていた。

 同署は動物愛護法違反(愛護動物の遺棄)容疑で捜査を開始。捨てられた犬の中には、皮膚病や妊娠の可能性がある犬が数匹いるといい、桜井保健所動物愛護センター(同県宇陀市)で保護されている。



またか・・・。

はやりの小型犬21匹、繁殖業者が疑われますね。

猛暑の最中、車がいきかう道路脇に捨てるなんて、最後の最後までひどいことをする人間がいるもんです

昨日、中央環境審議会動物愛護団体の第一回「動物愛護管理のあり方検討小委員会」が開催されました。

動物取扱業者に対して規制の強化を強く望みます。

日本は、先進国ではありえないような業者に緩い動物愛護法です。

今回の見直しで、世界一厳しい愛護法に生まれ変わってと切に願います。



ブリーダーの犬たち

経済合理性を追求するために、無理な出産を強いじられ、若くして歯はボロボロ、皮膚病を患っている犬もほとんどです。
ペットショップやホームセンターで並んでいる犬や猫、はどこから来たのでしょう????





              2007_02070006.jpg



              2007_02070015.jpg



              2007_02070023.jpg



一人でも多くの人に知ってもらいたいから、ポチッとよろしくお願いします。

bana-


みみ先カット猫写真展開催inエコメッセちば







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示