2016-06-24

H 28 多頭飼育崩壊現場支援レポート②(神戸市北区)

申請No.2
申請日:2016年4月16日
場所:神戸市北区 実施責任者:U氏 
協力団体:個人ボランティア ・里親募集については一部「猫の保育園」に依頼
居住環境:兵庫県神戸市2DKの市営住宅
居住者:父(61)、母(58)、息子(30)の3名
生活保護の需給状況:有

申請から不妊手術完了までの経緯(報告書より)
2年前に知的障害を持つ息子が拾ってきた猫4頭が室内で繁殖し、37頭にまで増えていた。室内はマーキングの臭いがひどく、多頭飼育崩壊現場の当事者が知人に相談したことをきっかけに、知人経由でU氏(神戸でTNRや里親探しの活動を行っている個人ボランティア)に相談があった。生活保護を頼りに暮らす状況下で、37頭の不妊去勢手術の費用捻出は難しく、どうぶつ基金のさくらねこ無料不妊手術申請へと至った。
不妊手術は、どうぶつ基金出張手術会場で実施することとなったが、飼い主自身、猫の正確な頭数を把握しておらず、用意するケージの数が分からず困った。また、オスメスを分けて飼育していると言っていたが、子猫や妊娠後期のメスや授乳中のメス猫もいた。どうぶつ基金の出張手術日に27頭の不妊手術とワクチン、ノミ駆除をどうぶつ基金負担で実施。出張手術の際に授乳中等で手術が出来なかったメス3頭はU氏の負担で後日不妊手術を実施し、幼齢の子猫は「猫の幼稚園」の協力を得て里親に譲渡した。手術を受けた猫のうち、17頭は現場に戻し、飼い主が継続して飼育している。

不妊手術頭数
オスメス耳カットのみ合計
1710027
どうぶつ基金負担:不妊手術・ワクチン・ノミ駆除薬

多頭飼育崩壊現場の様子
ブログ用2  ブログ用1
ブログ用4  ブログ用3

今回の取り組みを振り返り、改善すべき点や今後の配慮事項(報告書より)
今回、どうぶつ基金やボラティアが尽力し不妊手術や里親探しを行ったことに対し、当事者である飼い主は、当たり前の様に何ら感謝もしてない様子です。インターネットがないため、理解できていなかったようですので、今後は、費用負担を誰がしているのかなど、きちんと説明していきます。

どうぶつ基金スタッフメモ
多頭飼育崩壊は、猫を飼育し始めた際に、不妊手術を行った飼い主の責任は非常に大きいが、頭から飼い主を責めすぎてしまえば、殻に閉じこり現在飼育している猫の不妊手術や里親探しも拒否されてしまう展開にもなりかねない。しかしながら、多頭飼育という事の重大さを当事者に理解してもらうことは、多頭飼育崩壊という悲惨な事態を2度と繰り返さないためにも重要な課題である。
増えてしまった猫に困惑しながらも、保健所に持っていくという選択はしない飼い主の気持ちを尊重しつつ、飼育方法について指導するところはきちんと指導し、近すぎず離れすぎない微妙な距離感が現場に入るボランティアには求められている。
生活保護を受給しているのであれば、ケースワーカーが間に入るなど、行政機関を巻き込んだ取り組みも今後は検討していく必要がある。

平成28年度多頭飼育崩壊現場、手術支援頭数
現場オスメス性別不明耳カットのみ合計
① 神戸西区14190134
② 神戸北区17100027
31290161

多頭飼育崩壊に関するお問合せはこちら

どうぶつ基金では,10000頭のさくらねこ無料不妊手術を実施します。 
あなたの温かいご寄付はあと1頭の命を救います。 
http://www.doubutukikin.or.jp/contribution/ 

さくらねこShopオープン 
どうぶつ基金公式さくらねこShopの商品が充実してきました。 
さくらねこTシャツや、さくらねこファイル、ポストカードなど、 寄付つきグッズが豊富にそろっています。
さくらねこShop オンラインストア ←クリックでShopに移動します。

さくらねこShop Amazonストア   ←クリックでShopに移動します。
2016-06-17

【電子書籍チャリティー企画】 ぼくは茶豆。カレー屋の犬。

「ぼくは茶豆。カレー屋の犬。」 をご購入いただくと、1冊につき100円がどうぶつ基金へ寄付されます。
表紙

「ぼくは茶豆。カレー屋の犬。」とは?

カレー屋の看板犬”茶豆”から見たこの世界のお話。
こどももおとなも楽しめる軽快だけど深いかもしれない20編の超短編集です。
挿絵もかわいい小さな小さな世界をぜひのぞいてみてください。
今日も茶豆はお店の奥で大好きなおきゃくさんが来るのを待ってます。

※こちら書籍は、紙の書物ではなく、手軽に読んでいただきやすいように電子書籍にしておりますので、kindleをお持ちの方はもちろん、スマホなどでも無料kindleアプリをダウンロードしていただくだけでお手軽にすぐに読むことができます。

chamame04.jpg chamame03.jpg 
コスギカレーの看板犬”茶豆”。           店番をする”茶豆”。

本の中から、お話をひとつ紹介します。

宝物
テレビで女の人が、キラキラした宝石をいっぱい抱きしめて
「これは私の宝物なのー!」って言った。
宝物は大事で大好きなもののこと。
ずっと離さずもっているもの。

ぼくの宝物はなんだろう。
ママがくれるおやつも、パパがくれるおもちゃも大事だけれど、
眠るときはどっかやっちゃうし、
おやつもずっと食べてたら飽きてしまう。

旅行のお土産をパパとママにいつも買ってきてくれるお客さんがいて
ママが「いつもそんなにいただけません、私達は何もさしあげられないのに」って
言ったら、そのお客さんは「毎回来る度にお土産をもらっているようなものです。
おいしいご飯と楽しいこの時間が私の宝物です。」って言ったんだ。
そしたら、お部屋に戻ってきたママが嬉しくて泣いていた。
キラキラあったかい色をした涙。
そしてぼくは思った。宝物はきっと持って歩くものじゃない。

ぼくの宝物は、いっぱいなでてもらった今日という一日だ。
ぼくが床でスルッとすべったのを見てママが笑った昨日だ。
パパがお風呂に入れてくれて、二人で乾かしてくれて、
ふわふわだねーっていっぱい触ってもらえる明日だ。

ぼくは宝物をいっぱいもっている。
おやつみたいに手にはもてないけど、
心があったかくなるいっぱいの宝物。
いっぱいの毎日。
そう考えると嬉しくて、ぼくのしっぽは
いつのまにかちぎれそうになるくらいぐるんぐるんと動いてたよ。

茶豆3

もっと、読んでみたい!と思ったかたは、下記からご購入いただけます。
素敵な作品が沢山つまった一冊です。

ぼくは茶豆。カレー屋の犬。 ←クリックすると、SHOPへ移動します。
※こちら書籍は、紙の書物ではなく、手軽に読んでいただきやすいように電子書籍にしておりますので、kindleをお持ちの方はもちろん、スマホなどでも無料kindleアプリをダウンロードしていただくだけでお手軽にすぐに読むことができます。

茶豆4chamame02.jpg
よろしくお願いします!
写真・イラスト提供:奥村佑子・桑原奈見

リアル茶豆に会いたい方は、コスギカレー(神奈川県川崎市武蔵小杉)へ!

どうぶつ基金では、10,000匹のさくらねこ無料不妊手術を実施します。 
あなたの温かいご寄付はあと1頭の命を救います。 


2016-06-14

平成28年度さくらねこ無料不妊手術事業7月有効チケットを発行しました。

1,305枚、7月有効チケットを発行しました。
*今年度は、10,000頭 に、無料不妊手術を実施予定です。

tnr_20160428105209f98.jpg 
どうぶつ基金では10,000匹のさくらねこ無料不妊手術を実施します。 
あなたの温かいご寄付はあと1頭の命を救います。

平成28年度一般枠チケット発行状況
4月有効チケット1,594枚
5月有効チケット1,243枚
6月有効チケット1,257枚
7月有効チケット1,305枚
5,399枚

7月有効一般枠チケット発行状況
愛知県47枚
茨城県9枚
京都府0枚
埼玉県124枚
鹿児島県32枚
神奈川県175枚
大阪府420枚
東京都359枚
栃木県0枚
奈良県46枚
福岡県15枚
兵庫県50枚
広島県3枚
北海道5枚
宮城県11枚
静岡県3枚
大分県3枚
1,305枚


行政枠チケット発行状況
大泉緑地30枚
瑞穂町25枚
泉大津市45枚
飯能市75枚
伊賀保健所50枚
日高市70枚
浜寺公園40枚
青梅市105枚
小田原市100枚
戸田市水と緑の公社30枚
寝屋川市85枚
府中市170枚
武蔵村山市20枚
鈴鹿保健所40枚
885枚
※行政枠は、不妊手術だけでなく、ワクチン、ノミ除け薬も無料で実施。
 
8月有効チケットのお申し込みは、7月1日~5日です。
どうぶつ基金HPよりお申し込みください。
詳細はこちら


どうぶつ基金では、10,000匹のさくらねこ無料不妊手術を実施します。 
あなたの温かいご寄付はあと1頭の命を救います。 


さくらねこShopオープン 
どうぶつ基金公式さくらねこShopの商品が充実してきました。 
さくらねこTシャツや、さくらねこファイル、ポストカードなど、 寄付つきグッズが豊富にそろっています。
さくらねこShop オンラインストア ←クリックでShopに移動します。

さくらねこShop Amazonストア ←クリックでShopに移動します。
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示